☆こうキャンブログ☆

キャンプやアウトドアの事を中心に人の役に立つ記事を書きたいと思います(^^)

MENU

キャンプでの寝室の作り方はチョー簡単?【寝不足を防ぎ次の日も元気に!】


f:id:kjfreedom:20210414124811j:image

 

キャンプ初心者の人

「キャンプの寝室はどんな物が必要なの?

キャンプの寝室の作り方をしりたい。

実際に体験している人の声を聞きたい。」

 

こんな悩みを抱えてませんか?

 

◎本記事の目次【主な内容】

 

キャンプ初めての人は、キャンプでしっかり寝れるか心配になりますよね?

寝心地なども実際に寝てみないと分かりませんし・・・。

 

僕のキャンプ歴は2年です。

 

快適な睡眠をとるためには、寝室は重要だと思っています。

次の日も疲れが残っているとイヤなんで(>_<)

 

この記事を読み、キャンプでの快適な寝室の作り方が分かれば、次の日も元気いっぱいにキャンプを楽しめるようになりますよ(^_^)v

 

 キャンプの寝室で必要な物を紹介


f:id:kjfreedom:20210414124832j:image

 

ここでは快適な寝室を作る為に必要な物を4つ紹介します。

 

【1】:スリーピングマット

 

スリーピングマットはいろいろ種類がありますが、自分のスタイルや好みに合わせて用意しましょう。

 

↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

【2】:寝袋(シュラフなど)

 

寝袋も種類があるので、僕の書いた記事を参考に読んでみてください(^^)

 

↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

【3】:ランタン

 

暗くなる前にランタンは準備しておきましょう。

 

テント内はLEDランタンが安心です。

持ち運びやすいコンパクトなランタンがあれば、夜中にトイレへ行く時などに便利。

 

炎式のランタンは火事や一酸化炭素中毒の可能性があるのでNG!

 

↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

【4】:まくら

 

まくらがあることで寝心地がかなり違ってくると思います。

 

わざわざ買わなくても、寝袋が入っていた入れ物に服やタオルを入れてまくら代わりにすることもできます。

 

こだわりたい人は、アウトドア用の物が売っていますので購入してみても問題ないですよ。

 

↓参考までに見てみてください。

 

 寝室の作り方は意外と簡単


f:id:kjfreedom:20210414124914j:image

 

寝室作りは物さえ準備してしまえば、簡単に出来てしまいます。

 

順番は、

 

①スリーピングマットを敷く

    ↓

②寝袋(シュラフ)を広げる。

    ↓

 ③まくらを準備する。

    ↓

④ランタンを用意する。

 

こんな感じで、家での布団の準備とほぼ一緒です。

 

簡単ですよね(^^)

 

他に気になる所は、「寝袋の頭の位置はどこがいいの?」という所ですかね。

 

頭の位置は基本的に出入り口と反対がいいです。

 

出入り口側に頭があると、誰かが出入りするたびに気になって落ち着かないですし、顔の上をまたいだりすると気分が良くないですよね?

 

↓こんな感じがいいでしょう。

 

f:id:kjfreedom:20210414110411p:plain

 

◉アドバイス

 

・暗くなる前に寝室を作りましょう。

・貴重品は身につけ、荷物は脇にまとめて置く。

・2人以上で使う時は、相手を踏まない位置にシュラフを準備する。 

 

僕の寝室を紹介します


f:id:kjfreedom:20210414124953j:image

ここでは実際に僕の寝室はどのように作っているか紹介します。

 

皆さんの参考になれれば嬉しいです。

 

下の図が、実際に僕のキャンプでの寝室のレイアウトになります。

 

f:id:kjfreedom:20210414112032p:plain

 

◆子供たち用の寝床(小学生2人)

 

エアーマットはダブルサイズなので、小学生の子ども2人なら余裕で寝れます。

 

ただ、エアーマットは空気を入れるのに時間がかかってしまします。

 

手動のポンプで空気を入れるのは、真夏だとかなりしんどい・・・。

電動ポンプだと、手動に比べてパワーがないので考え所。

 

1泊くらいのキャンプなら、エアーマットは必要ないと思ってきました(>_<)

 

◆大人2人の寝床

 

大人の寝床は一工夫してあります。

 

一番下に厚手のレジャーマットを、半分に折りたたんでおきます。

 

次に発砲ウレタンマットを敷き、最後に寝袋(シュラフ)を置いて完成です。

 

僕たちの使っている発砲マットは、エアーマットやインフレーターマットに比べると薄いので、少しでも快適性が上がる為に厚手のレジャーマットを一番下にしいています。

 

僕は神経質なので、少し寝にくい所もありますが、奥さんは特に気にならず爆睡したみたいです(>_<)

 

 ↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

僕の寝室はこんな感じです。

コストもあまりかけずに準備しました。

 

将来的にはインフレーターマットにしてみようと思っています。

お店のキャンプコーナーなどで体験してみましたが、かなり寝心地が良かった~(^^)

 

ですが、とても高かったです(^^;

 

予算ができたら、買います!!

 

【まとめ】快適な寝室を作りストレスをなくしましょう


f:id:kjfreedom:20210414125025j:image

 

たかが寝室ですが、寝心地が悪く寝不足になってしまうと次の日のキャンプが楽しめなくなる可能性がありますので、自分の好みに合わせてしっかり作りこむ事をオススメします。

 

キャンプでの快適な寝室を作りよく休んで、次の日も元気いっぱいにキャンプを楽しめるようになりましょう(^_^)v

 

今回はここまでになります。

バイバイ~☆彡

 

↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

↓ランキングに参加してます。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村