☆こうキャンブログ☆

キャンプやアウトドアの事を中心に人の役に立つ記事を書きたいと思います(^^)

【キャンプの不安要素】熊に会わない対策をしましょう

どーもー!こうキャンブログのこうちゃんです!

 

今回はキャンプでの熊対策についてです。


f:id:kjfreedom:20201029104306j:image

 

キャンプ行きたいけど熊に襲われたらどうしよう・・・

 

どうしたら熊に襲われるリスクを減らせるの?

 

など、不安に思っている人たちは多いと思います。

僕もキャンプで楽しんでる時に、心配になって来る時があります。

特に夜の周りが寝静まったときは怖いですね・・・

  

でも、しっかりと熊が来ないような対策をすればリスクをかなり減らせると思います。

 

キャンプ歴2年の僕の知ってる中の事でみなさんに伝えて行こうと思います。

 

熊の特徴

・北海道 ヒグマ  本州 ツキノワグマ

・冬は冬眠する(11月~3月) すべての熊が冬眠するわけではない

・基本的に人が怖い バッタリ出会ってびっくりし襲って来る時がある

・人より早く走れる 木登りが得意 泳ぐのもうまい

・鼻は犬並みにいい

・耳は人よりいい

・食べる時は周りが見えなくなる

・人の食べ物の味を覚えるとそれに執着する 

・食べ物の放置はダメ あった場所に何度も現れる用になる

・学習能力が高い

 

こんな感じでまとめてみました。

特に食べ物に対しては注意が必要です。

 

熊を来ないようにする対策

1.食料やゴミはテントから離れたところに置く

テントの中に置くと危険らしいです。実際にテントごと引きずられた事件もあったらしいので。

 

熊が多く発生する地域ではゴミ捨て場があれば寝る前に捨てて置き、持ち帰るキャンプ場では防臭袋などに入れテントから離れたところに置くか、車の中に置いた方がいいらしいです。

 

2.女性の方は香水などにも注意

熊は甘い匂いがするところにも来るみたいです。僕も調べていて初めて知りました

香水などを持って行くならジップロックみたいな入れ物に入れてしまって置きましょう。

 

3.ラジオで音を出す


f:id:kjfreedom:20201025202548j:image

これは結構知られていますよね。

キャンプ場が混んでるときは大丈夫だと思いますが、周りに自分たちだけの時はラジオをならして置けばいいと思います。

 

他にも、キャンプ場が混んでないときは、などを着けて行動すれば熊に居場所を知らせれます。

鈴の音にもいろいろあって、ガランガランと低い音の鈴よりも、チーンと高い音の方がよく聞こえるみたいです。

 

4.クマよけスプレーを持参する(最終手段で使う)

スプレーは熊が近づいて来たときか、襲ってきたときに使いましょう。

使うときに気を付けるのが人にかからないように注意してください。

息ができなくなるくらい苦しくなるし、目も口も鼻もすごく痛くなるみたいです。

 

風向きにも気を付けましょう。

風上に向かって噴射しても勢いが弱まり熊にとどかなければ意味がないですからね。

 

5.獣よけ線香を使う

これは最近初めて知ったのですが、野生動物用の香取線香みたいな物です。

 

唐辛子成分が入っており、鼻がいい野生動物たちがいやがるみたいですね。

 

人も吸いすぎると良くないみたいですが、キャンプなどでは人から離して置いておけば大丈夫みたいです。

 

6.キャンプに行く地域の熊情報を調べておく

キャンプ場がある地域の熊の出没情報は必ず確認して起きましょう。検索すれば大体出てきますし、ネット上に公開してない情報もあると思うので役所などに電話してみるのもありだと思います。

 

出会った時の対策

1.まずは落ちついて行動しましょう

出会ったときは慌てず熊に背を向けずゆっくりその場から離れましょう。

 

慌てて走ってしまえば熊がびっくりして襲ってくる可能性があるらしいです。

 

実際にあってしまったら落ち着いて行動するのは難しいと思いますが、とにかく熊をびっくりさせないようしましょう。

 

2.もし襲ってきたら

 

いきなり襲ってきたら両腕で顔や頭を守り、体を丸めても守りましょう。


f:id:kjfreedom:20201025202602j:image

 

急所を守ることで死亡する確率を減らすようにします。

 

もし、近くにオノやナタがあったら熊の顔面に一撃入れるのもアリだと思います。


f:id:kjfreedom:20201025202344j:image

あとは、サバイバルナイフを携帯するなど刃物を撃退用に持っていると安心でしょう。

もしなければ、ペグやハンマーを枕元に置いて寝ればいいと思いますよ。

 

まとめ

最近は街中でも熊が出るようになって来てますし、ショッピングモールに入ってしまったなどのニュースもありました。

熊の個体数が増え人間になれてるクマが増えてるらしいです。

 

人を襲う熊はまれだと思いますが、撃退のしかなど知識として頭に入れて置けばいざという時安心です。

 

特に山奥のキャンプ場で、ソロキャンプや、キャンプ場に1組だけの時は注意が必要です。

僕の友達も1組だけの時に、ごみをテントの中に入れて寝ていると、テントの周りを息の荒い野生動物がぐるぐる回っていた時があったみたいです。

たぶん熊でしょう。調べたら同じような体験をした人がいたみたいです。その人は熊だったみたいです。

 

やはり、熊を近づかせない対策が大切だと思いました。

 

後は熊対策として、混んでる時期か何組かいるときにキャンプ場に行けばいいのかなと思います。

他の人の気配があるだけで熊も近寄らないと思うし、誰かしらいるだけで安心します。

 

というわけで、今回は熊についてでした。

みなさんもキャンプに行くときは気を付けてくださいね!

 

↓合わせて読んでみてください。

 

www.ko-chanfree.com

 

それではまた次の記事で会いましょう!

バイバイ~☆彡


 

  

 


 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村