☆こうキャンブログ☆

「キャンプを始めるには何からすればいいの?」「キャンプはハードルが高そう」  キャンプになかなかふみ出せない初心者をサポートします

MENU

最初に情報を集めキャンプのイメージをしよう【実際に見学や体験しに行くのがオススメ】


f:id:kjfreedom:20201219112948j:image

 

f:id:kjfreedom:20210721132652p:plain

キャンプ初心者

キャンプを始めようと思うけど何から始めればいいんだろう?

自分がキャンプしている所をイメージできない。

 

今回はこんな悩みを解決したいと思います。

 

◎本記事の主な内容

・キャンプの情報収集の仕方がわかる。

仕入れた情報で自分のキャンプのスタイルをザックリイメージする。

 

キャンプというジャンルは結構広すぎて、初心者にはどうしたらいいか全くわからないと思います。

 

実際に僕も情報を集めるまでかなり時間がかかってしまいました。

 

◆本記事の執筆者◆

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

【こうちゃん】

・キャンプ歴3年(ファミリーキャンプがメイン)

・キャンプ初心者向けのこうキャンブログを運営

・仕事は現場の技術者で経験年数は16年(管理職)

 

この記事を読むことで、キャンプの情報収集の仕方がわかります

 

いろんな情報を元に、キャンプがどんなものかザックリイメージできるようになれば、キャンプデビューにかなり近づけるでしょう(^^)/

 

 ◎本記事の目次

 

まずはキャンプの情報を集めよう


f:id:kjfreedom:20201219113001j:image

 

僕の考えでは、まずキャンプの全体像をだいたいイメージするために簡単で良いので頭のなかに情報を入れるのが大事だと思います。

 

「キャンプってこんな感じなんだ・・・」「このキャンプ用品かわいい!」というような感覚でいいです。

 

そのためには情報収集しなければなりません。

 

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

こうちゃん

僕の場合だとキャンプ用品の雑誌やスマホをみてイメージを膨らませていました。

 

本屋さんに行けばキャンプ用品の雑誌などがありますし、盛んなシーズンが始まればコンビニにもあります。

 

以下のような本を読んでいました。

↓↓↓


f:id:kjfreedom:20201219113526j:image

 

これから始めたいと思ってる人は初心者むけの雑誌を読んだ方がいいと思いますよ(^-^)

 

スマホなどでインターネットの中にもいろんな情報がありますので、そちらも見てみるのもオススメです。

 

 実際にキャンプ場に見学に行こう


f:id:kjfreedom:20201219113024j:image

 

実際の雰囲やイメージをするのには実際にキャンプ場にいって場内を見せてもらうのがおすすめです。

 

実際にキャンパーがテントやタープを張っている時もあるので「こんな感じのサイトいいな。」など参考になると思います。

 

自分の目で見て感じたことはとても大切です。

 

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

こうちゃん

キャンプ場の雰囲気を感じれるだけでも全然違うと思いますよ。

 

「ここは芝生で気持ちが良さそうだな。」「管理人さんがいい感じの人だな」など実際に行ってみなければわからないこともあります。

 

キャンプ場の中を見る時は、管理人さんに「中を見学させてください。」と頼んでみましょう。

 

喜んで見せてくれると思いますよ(^^)

 

ドライブついでに行ってみたいキャンプ場に寄ってみるのもいいですね。

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

グランピングなどの手ぶらでできるキャンプに行ってみる


f:id:kjfreedom:20201219113036j:image

 

実際にキャンプ用品がなくてもキャンプを体験できる施設もあります。

 

例えばグランピングです。

 

テントサイト1式が常設してあり、プランによっては料理までしてもらえたりもするみたいです。

 

しかも、オシャレにサイト設営してありゴージャスなキャンプ体験を味わう事ができる感じなのでキャンプをするのに不安な女性の方や、まだ子供が小さいファミリー層におすすめだと思います。

 

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

こうちゃん

僕は体験した事がないのです・・・。

料金が高めなので(^^;)

 

他にもテントが常設してありバーベキューの具材も道具1式も用意してくれるキャンプ場もあります。

 

将来的にキャンプをする人は体験してそんはないと思います。

 

実際に体験するということは、その分自分のキャンプスタイルをイメージをしたりキャンプ用品の購入の際に大いに役に立ちます(^^)

 

知人や友達に経験者がいれば聞いてみる


f:id:kjfreedom:20201219113046j:image

 

実際にキャンプを行っている人の話は本当に為になります

 

初心者の気になっていることは大体答えてくれると思いますよ。

 

もし知り合いなどにいなければ、キャンプ用品店などに行きキャンプをやってる人に聞いてみるのも1つの手だと思います。

 

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

こうちゃん

僕もキャンプデビュー前は、ベテランの友達にいろいろ聞いていました。

 

仕入れた情報で自分のキャンプスタイルを考えてみよう


f:id:kjfreedom:20201219113058j:image

 

情報収集ができキャンプがどんな感じかイメージできれば、キャンプ用品の購入の1歩手前まで来たと思っていいです。

 

上記に書いたことを全部ではなくても実行してみれば、自分などんな感じでキャンプしたいかざっくりとイメージできてくると思います。

 

イメージができれば、

 

f:id:kjfreedom:20210721132652p:plain

キャンプ初心者

ファミリーキャンプになるから大きめのテントがいいな。

火起こしに慣れるまではガスコンロを使うか。

 

など、どんなキャンプ用品が自分に合っているか分かってくるでしょう。

 

そうすることで衝動買いで使わない物を買ったりして無駄なお金を使わなくてすむと思っています。

 

【まとめ】情報を元にキャンプのイメージができたら始まり


f:id:kjfreedom:20201219113108j:image

 

今回はキャンプの情報収集とザックリイメージできるまでの事を紹介しました。

 

◎本記事の要点

・キャンプの情報収集の仕方がわかる。

仕入れた情報で自分のキャンプのスタイルをザックリイメージする。

 

なんでもそうだと思いますが行き当たりばったりで挑戦するのではなく、ある程度の情報がなければいざ始めようと思ったときにうまくいかないと思います。

 

そして、キャンプでイメージすることはとても大切だと思っています。

 

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

こうちゃん

自分はこんな感じでキャンプしたい、雑誌のあの人みたいなキャンプスタイルで行きたいなど大体でいいです。

 

その大体のイメージが準備していく中でいろいろ変わっていき、自分のキャンプスタイルが確立して行くでしょう(^^)

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

オススメ記事

>>【家計応援!】楽天ポイントを貯めてキャンプ用品をお得に購入【8年で約17万ポイント貯めた実例も紹介】 

 

今回はここまでになります。

ありがとうございました!

 

キャンプブログのランキングに参加してます。

励みになりますので応援クリックしてもらえるとうれしいです。

↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

//上に戻るボタン