☆こうキャンブログ☆

キャンプやアウトドアの事を中心に人の役に立つ記事を書きたいと思います(^^)

MENU

自分にあったキャンプスタイルを決めよう【基本的な例もあり】


f:id:kjfreedom:20201220160423j:image

 

自分のキャンプスタイルってどう決めるの?

キャンプスタイルの基本が知りたい。

 

こんな悩みはありませんか?

 

今回はキャンプスタイルの決め方について記事を書いていこうと思います。

 

結論から言えば自分の好きなスタイルでやりましょう(^^)/

 

簡単で申し訳ないんですがこれが1番だと僕は思っています。

 

僕のキャンプ歴は2年です。

キャンプスタイルはファミリーキャンプの解放感重視です(^^)

自然を眺めながらの生活は、普段の忙しさから解放されいやされます。

 

◎本記事の目次【主な内容】

 

まずは基本的なスタイルから見ていきましょう。

 

人数に合わせた基本的なキャンプスタイル

 

基本的に人数に合わせたキャンプスタイルを選んでいきましょう。

 

キャンプの事典や始め方などの本にものっていますのでそれを例に紹介していきます。

 

スタイル① ソロキャンプ


f:id:kjfreedom:20201219175111j:image

出典 https://camphack.nap-camp.com

 

その名の通り1人でのキャンプスタイルになります。

 

・テントはソロテントや山岳テントを使用します。

・ すべてのキャンプ道具がコンパクトな物でOK。

バックパック一つで徒歩でもキャンプに行けます。

・ソロキャンプ仲間でグループを作って行くのも面白いかも(^^)

 

※移動手段

徒歩 自転車 バイク 車

 

スタイル② 2人キャンプ(カップルキャンプ)


f:id:kjfreedom:20210221110017j:image

出典 https://camphack.nap-camp.com

 

2、3人でのキャンプスタイルになります。

 

・テントはドームテントの2,3人用がちょうどいい。

・少人数なので道具はコンパクトなもので十分。

・車で移動するなら大きめの物も持ってもOK。

・徒歩やバイクならコンパクトな道具にし、2人で分けて持って行く。

 

※移動手段

徒歩 自転車 バイク 車

 

 

スタイル③ ファミリーキャンプ 


f:id:kjfreedom:20210221110034j:image

出典 https://camphack.nap-camp.com

 

ファミリーで楽しむスタイルになります。

 

・テントのサイズは家族の人数によって異なる。

・前室があるタイプのテントか、ツールームテントを使用する。

・荷物が多くなるため基本的に車での移動になる。

・車のサイズに合わせて道具の大きさも決めよう。

・子供がいる時は遊び道具も持って行こう。

 

※移動手段

 

スタイル④ グループキャンプ


f:id:kjfreedom:20210221110217j:image

出典 https://camphack.nap-camp.com

 

大人数でのキャンプスタイルになります。

 

・5人~6人くらいであれば大型の2ルームテント。

・7人~10人くらいなら大型のタープを宴会スペースとして設けて、家族ごとに別々のテントを用意する。

・荷物がかなり多くなるため、それぞれ持って行くものをあらかじめ連絡を取って決めておく。

・基本的に車での移動。

・子供が多い場合はミニテントでキッズスペースを用意したり各自遊び道具を持って行く。

 

※移動手段

 

◆僕のキャンプスタイル

 

僕のキャンプスタイルは4人程度のファミリーキャンプです。

テントとオープンタープを設営してキャンプしています。

 

結構、面倒くさがりなので天候を見てタープを張らない時もありますよ。

 

↓実際のキャンプの様子です。
f:id:kjfreedom:20210221104820j:image

 

子供と遊ぶ時間を大切にしたいので、手を抜く所は抜いて時短を心がけています(^^)

 

 ↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

www.ko-chanfree.com

 

タープを取り入れた快適なキャンプスタイル


f:id:kjfreedom:20201220160201j:image
出典 https://camphack.nap-camp.com

 

 テントだけではなくオープンタープやスクリーンタープも使用すればもっと快適になります。

 

タープを張ることで急な雨でも人や道具が濡れなくてすみ、日差しの強い時は日陰を作れるのであれば重宝するでしょう。

 

虫嫌いの人がいるならばスクリーンタープがオススメです。

タフスクリーンタープ/400

引用元 https://ec.coleman.co.jp/

 

日中や夜でも網状のスクリーンの中で生活できるので、虫刺されや飛んでくる虫へのストレスをなくしてくれます。

 

ソロキャンプメインの人は、ソロキャンプ用のコンパクトなタープなどもあるので簡単に持ち歩けます。

 

ただ、物が増えてしまうので考えて購入しましょう。

 

 ↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

その他のキャンプスタイル 

 

 上記以外のキャンプスタイルもあるので紹介しておきますね(^^)

 

1.タープのみのスタイル


f:id:kjfreedom:20201220160237j:image

出典 https://camphack.nap-camp.com

 

 テントを使わずタープの下で生活するスタイルです。

キャンプに慣れてきた中級者以上の人が挑戦した人がいいでしょう。

 

2.キャンピングカーを使用したスタイル


f:id:kjfreedom:20201220160245j:image

出典 https://camphack.nap-camp.com

 

キャンピングカーを使用したスタイルになります。

テントを張らなくていいので楽ですが購入となるとかなり高額になります。

車の中なので天気に左右されません。

 

3.庭でキャンプ


f:id:kjfreedom:20201220160536j:image

出典 https://camphack.nap-camp.com

 

自宅の庭でのキャンプになります。

 

庭でのキャンプなので準備が楽です。

テントやタープを張るので庭にある程度の広さが必要です。

住宅街では騒がない様に心掛けましょう。

 

その他のキャンプスタイルはまだありますが、収入や好み、生活環境で変わってくるので自分にあったスタイルでキャンプしましょう。

 

僕の友達のキャンプスタイルを紹介

 

僕の友達は夫婦キャンプがメインで、たまに友達と行く2,3人の少人数でのキャンプになります。

 

少人数ですが、5,6人用くらいの大型のテントを使用しています。


f:id:kjfreedom:20201220154659j:image

出典 https://sabbatical.jp

 

夫婦キャンプのときは小さいテントを中に入れてカンガルースタイルで楽しんでいます。


f:id:kjfreedom:20201220154801j:image

 

人数に合わない様に感じますが、使い方によってはオリジナルなスタイルをつくりだすことができます。

 

自信のある人は最初からレベルの高いスタイルで準備して行ってもいいと思います。

 

【まとめ】自分にあったキャンプスタイルでキャンプしよう


f:id:kjfreedom:20201220155329j:image

 

今回はキャンプスタイルについて紹介しました。

 

あくまでも基本的なものになりますので、僕の紹介したスタイルにこだわらず自分に合ったやり方でキャンプしてください(^^)

 

あまりお金をかけたくない人は、とてもコスパのいいものがありますので「激安でキャンプ!」というスタイルもいいと思います。

 

 ↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

スタイルが決まればいよいよ自分にあったキャンプ用品を選べるようになりますよ。

 

それでは今回はここまでになります。

バイバイ~☆彡

 

↓ランキングに参加してます!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村