☆こうキャンブログ☆

キャンプやアウトドアの事を中心に人の役に立つ記事を書きたいと思います(^^)

MENU

【ランタンの選び方】キャンプの夜を快適に過ごしましょう


f:id:kjfreedom:20210110131847j:image

キャンプで使うランタンはどんな物がいいの?

種類がたくさんあるし選ぶのが大変。

 

今回はこのような悩みを解決していきたいと思います。

 

ランタンの種類もたくさんあって初心者の方が選ぶのは大変ですよね?

自分のキャンプスタイルにあったランタンはどれがいいのか僕も結構調べて購入しました。

 

僕のキャンプ歴は2年です。

キャンプで使用するランタンはLEDの物だけを使っています。

理由は単純で手入れも特に必要なく使いやすいからです。

 

※本記事の主な内容

・ランタンの種類と選び方
・初心者にオススメのランタンの紹介
 
 
この記事を読むことでランタン選びの基本的な事が分かると思います。
 
自分のキャンプスタイルにあったランタンを使って夜でも快適なキャンプをしましょう。
 

ランタンの種類

 

ランタンは暗くなって来た時にサイトを照らすのに必要です。

 

燃料別に種類が分かれるので見て行きましょう。

 

1.LEDランタン


f:id:kjfreedom:20210110131919j:image

出典 https://www.gentos.jp

 

雰囲気 ★

使いやすさ ★★★★★

 

・バッテリーを使用するランタン。電池式、充電式がある。

・使い方が簡単で初心者に向いている。

・火を使わないので子供が使っても安心。

・電球の色の種類も幅が広い物もある。

・液体燃料、ガス式に比べると暗く感じる。

 

2.ガス式ランタン


f:id:kjfreedom:20210110131956j:image

出典 https://www.amazon.co.jp

 

雰囲気 ★★★★

使いやすさ ★★★

 

・ガスカートリッジと発行体のマントルが使われたランタン。

・ランタン本体にガスカートリッジを取り付けて点灯する。

・液体燃料式より手間ががからないが寒さに弱い。

・物によっては大きくなる為かさばる。

 

※参考

マントル

マントルとはガラス繊維でできている発光体です。

ネット状になっている。

 

3.液体燃料式ランタン


f:id:kjfreedom:20210110151222j:image

出典 https://www.amazon.co.jp

 

雰囲気 ★★★★

使いやすさ ★

 

・ホワイトガソリン、灯油などの液体燃料を使う。

・発光体であるマントルが使われたランタン。

・燃料ボトルに圧を加える作業が必要。

・ガス式より寒さに強い。

・物によってはかさばる。

 

4.炎式ランタン


f:id:kjfreedom:20210110151253j:image

出典 https://www.amazon.co.jp

 

雰囲気 ★★★★★

使いやすさ ★★★

 

・発光体であるマントルを使わない。

・キャンドルやガス、液体燃料などを燃焼させ炎を作る。

・光量は少ない

・炎の揺らぎに雰囲気がある。

 

主なランタンはこのくらいになります。

 

キャンプサイト家庭用の100Vの電源がある所では、工事現場などで使う作業用ライトなどを使えばLEDランタンでもかなりの明るさで照らせるので、使ってみても面白いと思います。

 

ランタンの選び方


f:id:kjfreedom:20210110151400j:image

 

ランタンの選び方もキャンプスタイルや人数によって変わってきます。

 

ソロキャンプは基本的に500ルーメン以下のLEDライトで十分だと思います。

 

2.3人の少人数やファミリーキャンプ、大人数になってくるとLEDの1000ルーメンクラスの物か、ガス式や液体燃料のランタンが必要になってきます。

 

ファミリーキャンプまでなら1000ルーメンクラスのランタンでなんとか過ごせます。

 

ガス式や液体燃料のランタンはファミリーキャンプ以上が一番最適だと思います。

 

ただ、どのスタイルにも共通するのが、料理するときの焼き加減を見るのに、グリルを照らす明るさが必要になります。

 

ランタンの構造上どうしても真下が影になってしまい、明かりが届きません。

そして光も横の方に伸びていってしまうのでうまくグリルに届かないんです(>_<)

 

予算に余裕があるのなら、ヘッドライトやスポット的にグリルの真上から明かりを照らせるランタンがあれば、焼き加減がよく見えるようになると思います。

 

↓このようなランタンです。


f:id:kjfreedom:20210110151416j:image

出典 https://www.amazon.co.jp

 

上記の事を参考にし、キャンプスタイルや人数、自分の好みで選べば夜も快適に過ごせると思いますよ(^-^)/

 

初心者にオススメはLEDランタン


f:id:kjfreedom:20210110151852j:image

 

どんなキャンプスタイルでもLEDランタンがあれば、初心者でも簡単に使用できますのでオススメです。

 

今ではガス式や液体燃料式に負けないくらいの大容量のランタンも出てきています。

さらにはアウトドアで使用するので防水機能が付いた物まであるのです(^^♪

 

上記でもあった通り、電池を入れて使用するか充電して使うので子供がいる家庭でもヤケドの心配なく、女性でも使いやすいです。

 

電池や充電も1泊2日くらいのキャンプなら普通にもつでしょう(^^)

 

ただ購入する際には連続で使用できる時間をしっかり確認しておきましょう。

 

中には大容量のランタンで最大光量で使用した場合、5時間しか連続で点灯しない物などもありますので注意です。

 

僕の使用しているランタンは1300ルーメンで最大光量で7時間使用できます。

 

最大光量で7時間は短い気もしますが、料理中の焼き具合を見る時に最大光量で照らしますのでその他は光量を中にしたりなどして電池の消耗を減らしています。

 

↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

気になる点として、電池式の大容量ランタンになると単一電池を4つとか使うので本体が大きくなってしまいかさばってしまいます。

 

ですが大容量でコンパクトな充電式のランタンもありますのでそちらを使用するのもありでしょう。

 

気になる点もありますが、初心者にはやはりLEDランタンがオススメです(^^)/

僕も実際にLEDランタンしか使ってませんが夜も問題ないです。

 

↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

理想のランタンの使い方


f:id:kjfreedom:20210110151944j:image

 

ここではファミリーキャンプを例として書いていきます。

 

理想的なランタンの使い方としてテントの中はLEDランタン、テントの外はガス式や液体燃料の大光量のランタンが一番ベストかなと思っています。

 

テントの中は密室になってしまいますのでガスや液体燃料のランタンでは一酸化炭素中毒と火事の危険性が出てきます。

小さな子供がいればヤケドをする可能性も出てきます。

 

なるべくですがLEDランタンを使う方がいいと思います。

テントの中はLEDランタンの光量の小さなものでも十分明るいので安心してください。

 

外では断然ガス式や液体燃料のランタンの方が明るくサイト全体を照らしてくれます。

 

僕は持ってないのですが友達とキャンプに行ったときにその明るさにひかれました。LEDランタンとは明るさが全然違うんです(>_<)

 

初心者のうちはLEDランタンでいいと思いますが、慣れてきたらガスや液体燃料の物を使って見るのもいいでしょう。

 

キャンプのスキルも知識も上がると思いますよ(^^)

 

【まとめ】キャンプスタイルにあったランタンを使い夜を快適に


f:id:kjfreedom:20210110152033j:image

今回はランタンの選び方とオススメのランタンについて記事を書きました。

 

ここまで読んでみて何となくでもランタンの基本的な事が分かってもらえたらうれしいです(^^)

 

まとめとして初心者はLEDランタンを使用するのがオススメということになりました。

 

ですが、必ずLEDランタンを使用してくださいということではありません。

 

自分のキャンプスタイルや自分のスキルに自信がある人は好きな物を使用しましょう(^^♪

 

キャンプの夜はとても暗いです。

その為にはある程度の明るさがないと何をするのにもストレスを感じてしまいます(>_<)

そうならないためにも光量の多い物がサイトの外では必要になります。

 

夜を快適に過ごすためにキャンプスタイルに合った物を使用していきましょう。

 

最近の僕に記事は初心者向けになっていますのでベテランキャンパーの人たちには物足りないかもしれません。

 

僕はキャンプに興味がある方、始めてみたい方にキャンプを教えれるようになることを目標にしています。

 

初心者の人たち情報を提供するのと同時に自分のキャンプの知識、スキルを再度復習する意味も込めてキャンプの始め方というカテゴリーを作り記事を書いています。

 

本業もあり新しい記事を書いていくのが大変ですが、コツコツと地道にやっていきたいと思っています。

 

それでは今回の記事はここまでになります。

バイバイ~☆彡

 

 ↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

www.ko-chanfree.com