☆こうキャンブログ☆

「キャンプを始めるには何からすればいいの?」「キャンプはハードルが高そう」  キャンプになかなかふみ出せない初心者をサポートします

MENU

【知っておきたい!】キャンプサイト設営時のトラブル防止と対策の仕方


f:id:kjfreedom:20210424193418j:image

 

今回はキャンプ初心者の人も、今まさにキャンプにハマっている人にも、知っておいて欲しいことがあります。

 

それは、テント・タープの設営時に起きるトラブルの防止&対処法です!

 

◎本記事の目次【主な内容】

 

キャンプサイト設営時に、ポールが折れたり、ペグが曲がって使えないなんてことは、慣れてない初心者の人などによくある話かと。

 

僕も実際にキャンプサイト設営をしてきて、ペグは何回か曲げてきましたしテントのポールも1回折っています。

 

そして、その度に直したり応急処置をし何とか使えるようにしてきました。

 

◆本記事の執筆者◆

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

【こうちゃん】

・キャンプ歴3年(ファミリーキャンプがメイン)

・キャンプ初心者向けのこうキャンブログを運営

・仕事は外現場の技術者で経験年数は16年(管理職)

 

この記事を読むことで、キャンプサイト設営時のトラブルの防止方法と対処のしかたが分かると思います。

 

トラブルの防止方法&対処のしかたを知っておけば、何かあってもキャンプを中断するようなことがなくなりますよ(^^)/

 

トラブル防止と対処法を知っておく理由

 

■主な理由は2つ

 

・キャンプを中断しなくて済む。

・万が一何かあっても焦らなくなる。

 

サイト設営時に、

 

f:id:kjfreedom:20210721132652p:plain

キャンプ初心者

ペグが曲がって使い物にならない・・・。

テントのポールが折れてしまって設営できなくなった。

 

なんて事が起こり得るのがキャンプです。

 

せっかくキャンプに来てるのに、テントがたてれずに中断することになったら相当ショックですよね(^^;

 

しかし、トラブルへの対応の仕方を知っていれば、何かあってもあせらずすぐに対応できるので安心です。

 

ペグは予備を用意する


f:id:kjfreedom:20210424193125j:image

 

 ペグは必要数以外に、2本~3本くらい持って行きましょう。

 

もし、曲がってしまって直せない時などにあれば安心です。

 

鍛造ペグが丈夫で曲がらないのでおすすめですよ。

 

初心者だと不安になり、いろんな種類のペグをもって行きたくなりますが、キャンプ場のホームページや紹介っサイトなどで地面の状況が記載してありますので、それに合わせて選んで持って行くのがいいでしょう。

 

⇩以下は僕の使っている鍛造ペグの紹介記事です。

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

◎アドバイス

 

ペグは現場でメンテナンスしておきましょう。

 

土が付いたまま片づけてしまうと、自宅や入れ物が土やほこりまみれになってしまいます。

 

・泥がや土が付いたら、いらない布などでふき取るか、乾かしてからペグどうしを叩いて落としましょう。

 

・濡れたものはそのままにせず、乾いた布でふき取ってしまいます。時間があれば日光で乾かしましょう。中には錆びてしまう物もあります。

 

ペグが曲がったときの対処


f:id:kjfreedom:20210424193142j:image

 

テントと一緒についてくる付属のペグは、硬い地面だと曲がる確率が高いです。

 

もし、曲がってしまった時の為に直し方を覚えておきましょう。

 

■直し方

 

1.固い平らな所に置く

   ↓

2.曲がった部分を上にする

   ↓

3.ハンマー叩きまっすぐにする

 

簡単に見えますが、初心者の人は実際にやってみると結構難しいと思います

 

曲がったペグを直す時は不安定な物をハンマーで叩くので、間違って自分の手を叩かないように気を付けましょうね。

 

テントのポールは引かずに押し入れる


f:id:kjfreedom:20210424193258j:image

 

テントのポールは、ゴムなどのコードが入った短い筒の連なりです。

 

1か所に負荷や強い力が加わると、折れたりコードが切れてしまうので気を付けてください。

 

ポールの連なりで抜けやすくなっている為、テントにポールをさす際は、引くと抜けてしまうので必ず押して入れてください

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

ポールが折れたときの対処


f:id:kjfreedom:20210424193357j:image

 

設営途中でポールが折れた時は、ペグをポールにそえてガムテープなどで固定し補強します。

 

ガムテープがない時は、救急セットにテーピングがあればそれでもOKです。

 

f:id:kjfreedom:20210425071527p:plain

 

ポールのコードが切れた時は、アウトドアショップなどでコードだけを買って自分で直すか修理してもらいましょう。

 

【まとめ】トラブルへの対処法を知っておけば心の余裕ができる!


f:id:kjfreedom:20210424193530j:image

 

 テント設営時のトラブルは主にペグが曲がるか、ポールが折れるなどが多いと思います。

 

上記で紹介した対策法を覚えておけば、その状況に出くわしたときにあわてずに対処できるでしょう。

 

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

こうちゃん

キャンプ中断なんて事にはならないように!

 

今回はここまでになります。

ありがとうございました!

 

⇩以下は初心者の人向けに、実践編としてサイト設営から最後の片づけまでのまとめ記事を作りました。

順番に見ていくだけで流れがイメージできると思いますのでぜひ参考にしてみてください。

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

キャンプブログのランキングに参加してます。

励みになりますので応援クリックしてもらえるとうれしいです。

↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

//上に戻るボタン