☆こうキャンブログ☆

キャンプやアウトドアの事を中心に人の役に立つ記事を書きたいと思います(^^)

MENU

自在金具の仕組みと使い方は以外と簡単!?【僕のテクニックも紹介】

f:id:kjfreedom:20210321175044j:plain

 

キャンプ初心者の人

「自在金具の仕組と使い方を知りたい。

どんな種類があるの?」

 

こんな悩みを解決できればいいと思います。

 

キャンプやった時がない初心者の人は、「自在金具ってなに?」という人も多いと思いでしょう。

 

実際に使ってみても、「これどう使うんだ?」って事になってしまう可能性があります。

 

◎本記事の目次【主な内容】

 

こうキャンブログの運営者のこうちゃんといいます!

 

これからキャンプを始めようと思っている初心者の方や、すでにキャンプをやっているベテランの方などに、有益な情報を届けるためのブログになっています。

 

僕のキャンプ歴は2年です。

 

自在金具は作り方が簡単なので、ロープを自分の好みの長さに切ってオリジナルで使用したりしています。

 

この記事を読むことで、自在金具の基本的な使い方が分かると思います。

 

基本的な事がわかっていれば、実際に始めてのキャンプでも自在金具に悩むことなく、テントやタープを設営する事ができるでしょう(^^)d

 

 ↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

自在金具の仕組み

f:id:kjfreedom:20210222175009j:plain

 

自在金具の仕組みはいがいと簡単です。

 

しかし、理解していないとロープと自在金具がバラけてしまって、元の状態に戻す時に間違えてしまう可能性があります。

 

そうするとロープをしっかり張ることができません。

 

◆自在金具の仕組み

 

ロープ(張り綱)を穴に通し引っ張ってテンションをかけることで、摩擦により固定されてストッパーとなります。

 

↓例の写真


f:id:kjfreedom:20210320140214j:image

引用元 https://italog.naturum.ne.jp/

 

すぐ緩みそうに見えますが、テンションがかると全然緩みません!

 

安心してください!!

 

僕も最初は不安でしたが、実際にキャンプしてみて固定力があるのが分かりました。

 

自在金具の使い方

f:id:kjfreedom:20210202181657j:plain

 

使い方も簡単です。

 

自在金具を立てれば、自由に金具を移動できるようになります。

 

あとはロープを適当な強さで張り、手を離すとロックされます。

 

◆写真で解説

 

↓ロープをゆるます時


f:id:kjfreedom:20210321175016j:image

 

ゆるます事で金具を移動できるようになります。

 

↓ロープを固定する時

(ロープが張っている状態)


f:id:kjfreedom:20210321175044j:image

 

金具がこの状態では、すでにロープに力がかかっています。

 

ガイドロープ(張り綱)を自分で作るとき

 

f:id:kjfreedom:20210203171337j:plain

 

もし金具とロープがバラけてしまって、自分で作るという時もあるかもしれませんので、作り方も紹介しておきます。

 

◆ガイドロープの作り方


f:id:kjfreedom:20210319120021j:image

引用元 https://hinata.me/

 

今あるものをマネをするだけでもいいのですが、一応紹介しました。

 

自分でオリジナルのガイドロープ(張り綱)を作る時などは、覚えて置けば便利ですね(^-^)

 

自在金具の種類

 

f:id:kjfreedom:20210114211624j:plain

 

自在金具は基本的に上記で紹介している物が多いです。

 

他の種類も少ないですが紹介しておきます。

 

■プレートタイプ


f:id:kjfreedom:20210320133802j:image

 

一般的な太さのガイロープに取り付け可能な自在金具。

アルミ製で軽くて丈夫。

プラスチック素材のものは強度が弱い。

 

■切れ目のあるプレートタイプ


f:id:kjfreedom:20210320133814j:image

 

片方の穴がオープンになっているだけなのですが、切り込みのある方に引っ掛けることで結びを解くことなく固定できる。

 

■三角形タイプ


f:id:kjfreedom:20210320133728j:image

 

 

テンションのかけ方がくの字型と違い、2つ穴自在ほどスムーズにガイロープの移動はできません。

ですが、こちらの形状のほうが緩みにくくなっています。

 

自在金具を使用時の注意点

 

f:id:kjfreedom:20210112150016j:plain

 

キャンプで気を付けたいことの1つに風がありますよね?

 

自在金具の弱点も風といってもいいでしょう。

 

強風にあおられれば、自在金具がロックされていても少しづつゆるんでいってしまいます(>_<)

 

強風の中でキャンプする場合は、定期的にガイドロープの張り具合を確認しましょう。

 

ゆるみすぎると思わぬ事故の元になっていまいます。

 

ゆるまない自在金具の固定の仕方

 

f:id:kjfreedom:20210110151400j:plain

 

ここでは、僕が実際に自在金具がゆるまないように行っているやり方を紹介します。

 

やり方はとても簡単です。

写真の方が分かりやすいのでそっちを見てみましょう。

 

◆実際の写真


f:id:kjfreedom:20210321175605j:image


f:id:kjfreedom:20210321175619j:image

 

自在金具の結び目にテント方向のガイドロープを引っかければ固定完了です。

(写真上からのロープがテント方向のロープになります)

 

簡単ですよね(^-^)

 

ただ、ある程度ガイドロープに力をかけてからになるので、少し力が必要になります。

 

僕は、メインで張るガイドロープにはこのやり方で自在金具を固定しています。

 

実際にどんなものか手でかなり強めに引っ張ってみましたが、全然緩みませんでした(^^)d

 

風が強い時や、ガイドロープの緩みが気になるときは、この方法を使ってみましょう!

 

【まとめ】自在金具を正しく使い安心してキャンプしよう

 

f:id:kjfreedom:20210110131637j:plain

 

今回は自在金具の基本的などを使い方を紹介しました。

 

まとめると、基本的な仕組みや使い方は実際にやってみると結構簡単に覚えられると思います。

 

始めてのテント設営の前に何回か練習してみるのもいいと思いますよ(^^)d

 

説明がうまくできているか分かりませんが、初心者の人たちの参考になれば嬉しいです(^-^)

 

今回はここまでになります!

バイバイ~☆

 

 ↓合わせて読んでみてください。

www.ko-chanfree.com

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村