☆こうキャンブログ☆

「キャンプを始めるには何からすればいいの?」「キャンプはハードルが高そう」  キャンプになかなかふみ出せない初心者をサポートします

MENU

【実践が大事!】初めてのキャンプでタープ設営の不安をなくそう【便利なアイテム2つ紹介あり】


f:id:kjfreedom:20210327175722j:image

 

f:id:kjfreedom:20210721132652p:plain

キャンプ初心者

タープを初めてのキャンプでちゃんと設営できるか心配・・・

基本的なタープの張り方を知りたい。

設営時にあると便利な物は?

 

今回はこんな悩みを解決でしていきます。

 

初心者の方はタープを初めて設営するとなると、うまくできるか不安になってしまうと思います。

 

そのため、キャンプに行くのに踏み出せない人もいるのではないでしょうか?

 

◎本記事の目次【主な内容】

 

僕も初めてのキャンプの時はタープをうまく張れるか心配だったので、YouTubeを見たりキャンパーの人のブログを読んだりして勉強していました。

 

頭の中で何となく手順がイメージできるまでが最初は大変だと思います。

 

◆本記事の執筆者◆

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

【こうちゃん】

・キャンプ歴3年(ファミリーキャンプがメイン)

・キャンプ初心者向けのこうキャンブログを運営

・仕事は外現場の技術者で経験年数は16年

 

キャンプ初心者のあたりはタープ設営に時間がかかると思いますが、何回もやっていくうちにだんだん慣れてきて設営時間を短縮できるようになりますよ(^^)

 

この記事を読むことで、タープの設営の仕方や初心者にオススメのタープが分かるのでぜひ参考にしてみてください。

 

不安をなくし自信をもってタープ設営できるようになりましょう(^^)/

 

 

タープは実際に設営してみることで不安の解消になる


f:id:kjfreedom:20210327175742j:image

 

タープの設営が不安ならば、キャンプへ行く前に実際に設営してみるのが1番いいです。

 

なんでもそうだと思いますが、物を扱うということは、知識だけあってもダメだと僕は思っています。

 

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

こうちゃん

実際に触れてみることで、手からの情報を感じとったり、知識だけでは気付かない所などがたくさんあります。

 

自宅の庭や近くに公園や広場などあるならば、キャンプに行く前に設営してみた方がいいでしょう(^^)d

 

f:id:kjfreedom:20210721132652p:plain

キャンプ初心者

とは行っても設営する所がなかなか見つからないのですが・・・。

 

そんな時は、デイキャンプでキャンプ場に行って練習してみるのもいいですよ!

 

デイキャンプなら、宿泊よりも料金がかなり安くなりますし、宿泊しない分で時間に余裕ができ荷物も少なくて済みます(^-^)

 

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

こうちゃん

「自分は初めてのキャンプでいきなり設営しても大丈夫!!」って人は、動画などをよくみてイメージトレーニンをしておきましょう!

 

他にも、時間がかかってしまうのを想定して、チェックインが早いキャンプ場を選ぶのもいいですよ(^^)d

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

各タープの設営の仕方


f:id:kjfreedom:20210327175826j:image

 

タープの設営の仕方は、各商品の入れ物の中に説明書などが付いてくると思いますが、初心者には正直分かりづらい物もあります(>_<)

 

「説明書見るのが苦手だな」なんて人は動画で見てみるのをオススメします。

 

各タープの設営の仕方は、ユーチューブで探してみましたので見てみてください(^^)/

 

■ヘキサタープ

 


【初心者向け】ヘキサタープの基本的な張り方(1人で出来る方法を図で解説)

 

■レクタタープ(スクエアタープ)

 


【保存版】初心者でも出来る!「レクタタープの張り方」基本的な設営方法 ひとりでもできる完全マニュアル(ノルディスク カーリ12)

 

■スクリーンタープ(メッシュタープ)

 


タープの設営方法「スクリーンキャノピージョイントタープⅢ」| コールマン

 

■自立式タープ(ワンタッチタープ)

 


タープテント3x3mスチールフレーム〈G3モデル〉使用してみた①I tried using tarp tent 3x3m steel frame G3 model ①

 

以上、各タープの設営の仕方でした!

 

動画を見ながらの設営でもいいですし、頭で手順をしっかり覚えてからの設営でもいいと思いますよ(^-^)

 

下記はロープがゆるまないテクニックを紹介した記事です。

強風時や天気が荒れた時に使うと安心ですよ。

>>自在金具の仕組みと使い方は以外と簡単!?【ロープがゆるまないテクニックも紹介】

 

タープ設営時にあると便利なアイテムを2つ紹介


f:id:kjfreedom:20210327175840j:image

 

タープをスムーズに設営する為には、道具もある程度考えて用意する必要があります。

 

ここでは僕が使っている便利なアイテム2つ紹介していきますね。

 

1.ハンマー

 

ハンマーは鉄の重めの物を使っています。

 (0,9kgってやつです)

 

こんな感じのハンマー。

↓↓↓

 

f:id:kjfreedom:20210313094019p:plain

 

なぜこのハンマーを使っているのかというと、タープやテントに付いてくる付属の弱々しいハンマーでペグを打っても、なかなか地面に入っていかないからです(>_<)

 

芝生なら何とかなるかもしれませんが・・・。

 

鉄の重めのハンマーにすることによって、ほんの数回で地面にペグを打つことができます。

 

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

こうちゃん

弱々しいハンマーでずっとカンカン打込んでいるより、時間の短縮が見込めます(^^)d

 

ホームセンターなどで、1,000円程度で売っていますので、100均や付属のハンマーを使うより鉄の少し重いハンマーを使うのがオススメ!

 

特に硬い地面にあたってしまったときに、打ち込み具合が全然違ってきます。

 

気になる点として、かよわい女性には重くて扱いづらいと思います。

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

2.腰道具

 

腰道具はハンマーやペグなどを入れておき、そのまま移動できるので便利です(^-^)

 

最大のメリットは、ペグやハンマーの置き忘れがなくなり、サイト設営をかなり効率よく作業できるようになります。

 

僕はこんな感じの物を使っています。

↓↓↓

f:id:kjfreedom:20201019114416j:plain

 

工具箱などに入れてそのつど持ち歩いてもいいのですが、仕事で腰道具に慣れているためこっちの方がいいですし、サイト設営が劇的にラクになるので皆さんにオススメしたいです。

 

f:id:kjfreedom:20210721133703j:plain

こうちゃん

手で持ち歩きながら設営していると、ペグやハンマーを打ち込んだ所に忘れてきたりするので、わざわざもどって行ったり来たりして設営に時間がかかってしまっていました。

 

しかし、腰道具を使い初めてからはペグやハンマーの置き忘れも少なくなり、タープの設営の時間短縮にとても役立っていてかなりお気に入りです(^_^)v

 

もう手放せません!!

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

※ちょこっとアドバイス

 

カラビナをガイロープに取り付ける事で、タープへのロープの取付、取外しが簡単になります。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

>>キャンプでのカラビナの活用方法を3つ紹介【利便性がUPします!】

 

【まとめ】タープ設営の不安をなくし自信をもってキャンプに行こう


f:id:kjfreedom:20210327175850j:image

 

結論、タープの設営がうまく行くかの不安は、キャンプに行く前に実際に設営してみる。

 

これに限ります(^-^)/

 

自信のある人は初めてのキャンプでいきなり設営してもいいのですが、不安な人は必ずどこかで一回設営してみることをオススメします!

 

それだけでキャンプでのタープ設営のスムーズさが全然違ってくると思いますよ。

 

不安がなくなれば自信もつき作業効率も上って、ゆっくり楽しいキャンプができるようになるでしょう(^-^)/

 

今回はここまでになります。

ありがとうございました!

 

⇩下記はタープの選び方を初心者向けに書いた記事です。

 

✔合わせて読みたい

 www.ko-chanfree.com

 

⇩以下は初心者の人向けに、実践編としてサイト設営から最後の片づけまでのまとめ記事を作りました。 

順番に見ていくだけで流れがイメージできると思いますのでぜひ参考にしてみてください。

 

✔合わせて読みたい

www.ko-chanfree.com

 

キャンプブログのランキングに参加してます。

励みになりますので応援クリックしてもらえるとうれしいです。

↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

//上に戻るボタン